その慰謝料は適正?

慰謝料を含む損害賠償金の請求は、交通事故被害に遭ったときに重要な問題です。ほとんどの人は、交通事故被害に遭いながら、慰謝料は要りませんという態度を示すことはないでしょう。被害の大きさにもよりますが、仕事に支障が出れば収入に影響が出てきますし、生活に不便が生じることもあります。中には、治療をしてもずっと治らない後遺障害が残り、社会生活全般に影響がおよぶ人もいます。そのようなとき、慰謝料をどのくらい加害者が支払うかは、気持ちのみで判断されるわけではありません。客観的な判断材料をもって、慰謝料の金額が決まってくるのです。

適正な慰謝料が支払われるか否かは、医師の診断書や通院・入院記録、検査画像などの書類が関係してきます。これらは被害者側が用意するもので、提出する先は加害者の保険会社。そこで請求が認められれば、損害賠償金が支払われることとなります。被害者側としては、これだけの被害を負っているのだから、適正な慰謝料をもらえるのが当たり前と考えがち。ですが、加害者の保険会社では、自社が損になるばかりの動きは選びません。このため、保険会社が下した適正な損害賠償金の判断は、被害者には納得がいかない場合も珍しくないのです。

Pocket