弁護士なら増額が可能

適正な損害賠償金を支払ってもらうためには、交通事故被害に関する客観的な資料の提出が必要です。特に、後遺障害と診断された場合などは、後遺障害等級認定という細かな等級認定を受けることで、損害賠償金の額が決まってきます。後遺障害がない場合でも、被害者が感じている痛みなどの不快感を客観的な資料として残し、保険会社に提出することによって、より大きな損害賠償金を得られる可能性が出てきます。ただし、一般的には、こうした手続きを自力で踏める被害者は少ないもの。加害者側の保険会社が提示するままに判を押し、何となく腑に落ちないままに、少ない損害賠償金を手にするといった流れに身を任せている人が多いのです。

弁護士に相談をすると、損害賠償金の増額が可能になってきます。できれば、早い段階で弁護士に相談をするほうが望ましいといえます。なぜなら、交通事故被害に遭った直後の診断から、損害賠償に関わってくるからです。医師とのやり取りの中にも、損害賠償につながるようなポイントがひそんでいます。うまく症状を伝えられずに、診断書に重要な症状を書いてもらえなかったというケースは少なくありません。そうなれば、客観的な証拠が欠落して、適正な症状の判断をしてもらえず、損害賠償金を低めに設定されてしまう可能性が高くなるのです。

Pocket