慰謝料請求までの期間

交通事故被害に遭ったときには、仕事をしている人なら働けなくなることが気になるでしょう。家事や育児のことが心配で、家族に迷惑をかけてしまうと気に病む人もいます。そのようなストレスをお金で保障してもらえるのが、損害賠償金です。損害賠償金は加害者側の保険会社の審査により、支払われるもの。ときには、加害者が示談のスピードを上げてきて、何とか損害賠償金を低く抑えようとしてくることもあります。治療によって新たに後遺障害が出たりすれば、損害賠償金が跳ね上がってしまうためです。

一方、被害者側には、後遺障害の可能性も加味して、示談交渉はゆっくりと行いたい傾向があります。そもそも、示談が最善の解決法なのかと迷う人もいるでしょう。一度、示談が成立したら、新たな治療費の発生や後遺障害が認められる可能性は低くなります。とはいえ、示談交渉に時間をかけ過ぎていると、損害賠償の請求期間に時効が迫るといった問題も出てくるのです。損害賠償請求権の時効は、3年。自賠責保険でも任意保険でも、3年のうちに損害賠償の請求を行わなければ無効になってしまいます。それまでに、最善の対策をとるためには、弁護士に相談してみるのが一番。無料で相談できる窓口もありますから、利用を検討してみましょう。

Pocket